レイプレイ騒動その6】ソフ倫、性暴力ゲームの禁止を決定

141 1
ソフ倫その1

外国の人権団体が行った抗議により日本のゲームソフト業界の特定ジャンル全体が禁止される。これは過去にあまり例の無い事態でありさまざまな問題を含んでいる。
[13] 2009.06.05 AFP、再び世界に記事を配信

コンピュータソフトウェア倫理機構(ソフ倫)はレイプ等の性暴力を扱うゲームソフトの製造・販売を禁止する方針を決定し、6月3日に日本全国の加盟各社に通知された。このニュースはフランスの大手通信社AFPによって世界中の大手新聞・TV・ニュースサイトに配信された。

配信された地域は英語圏・フランス語圏・スペイン語圏・ポルトガル語圏・ドイツ語圏・アラビア語圏の諸国で、私自身の目で直接確認できたのは英語圏・フランス語圏等の十数ヶ国程度のニュースサイト。

世界の大部分の人々はAFPを通じてこのニュースを目にする。他のニュースソースはゼロに等しい(一部のオタク系サイトだけは例外で日本語のソースを直接翻訳・紹介している所がある)。よってまず最初にAFPの配信記事を翻訳しておく。

Agence France-Presse
2009年6月5日(金) 3:15AM EDT

東京(AFP)- 日本のパソコンソフト業界団体は女性に対する性的暴力を擬似体験するコンピューターゲームを禁止する方針を決定した。

若い女性に対するストーキングとレイプを擬似体験させるゲーム”レイプレイ”の禁止を求める米国の人権団体からの猛烈な抗議に日本の一ゲームメーカーが晒された後、業界が動いたのである。

ゲーム中でプレイヤーは性暴力行為により得点を獲得する―通勤電車内で少女を尾行し、処女とその母親を強姦し、妊娠したら強制的に堕胎させる等の行為だ。

今年2月に米国のオンライン通販業者アマゾンは自社のウェブサイトからレイプレイを撤去した。しかし横浜のゲームメーカー・イリュージョン社は抗議を無視し、問題のゲームは日本国内でのみ販売を許可しておりまた日本の法規に従っていると主張した。

日本のパソコンゲーム業界団体”コンピュータソフトウェア倫理機構(ソフ倫)”は「社会通念に著しくもとる」内容のゲームを規制するための対策を以前から長期間に渡り検討してきたと語った。

木曜日の談話でソフ倫は「我々はすべての”性暴力ゲームソフト”を禁止する方針であり、どのような内容の商品を流通市場から締め出すべきか審査基準を明確にする」と述べた。

ソフ倫によれば日本で製造される成人向けコンピューターゲームは現在ほぼすべて審査の対象になっており、製品の90%には(対象年齢別の)レーティングシールが交付されているという。

今回の製造・販売の禁止は業界の審査団体による自主規制であり立法措置による法的規制ではない。しかし大部分の日本の小売業者は禁止ゲームソフトの取り扱いをためらうだろうとソフ倫の広報担当者は語った。

日本は児童ポルノの主要な発生源としてたびたび非難されてきたが、1999年に成立した「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」によって18歳未満の未成年を含む猥褻物の製造・配布・商業使用を禁止した。

しかしながら1999年の法は違法物件の単純所持を禁止しておらず、また通常”hentai”と呼ばれるアニメやCGで表現された児童ポルノ物件は規制の対象外となっている。


原文の一例:(AFPからの配信記事はタイトルが違うだけで中身はどれも同じ。稀に加筆される場合あり)
Fox News "Japan Bans Rape-Simulation Video Games"

AFPの記事は前回同様あまり出来が良くない。ソフ倫以外の日本国内の動きはすべて省略され(イリュージョンの抗議無視云々は前回配信分の繰り返し。AFPはよほど強調したいらしい)、またソフ倫の広報担当者の発言がどれだけ正確に記事にされているのか疑問が残る。

ただしAFPのヘボい記事でも読売のこの報道よりはまだマシである。

性暴力ゲームの製造・販売禁止へ…業界の審査機関が方針
2009年6月3日14時56分 読売新聞

例によって主語が欠落した文章が多い。「批判が寄せられていた」「批判が高まり」「批判を集めていた」等々。誰がいつどこでどのような内容の批判をしていたのかほとんど分らない。印象操作する気満々である。

[14] 海外での反応

AFPによる配信記事は世界各国の大手ニュースサイトで報道されている。ただし海外の一般人の関心は低く、コメントはあまりついていない。逆に一部のオタク系サイトやブログではかなりエキサイトしていてコメント数がやたらに多い。

海外での意見の一例としてイギリスのIT系サイトRegister Hardwareのコメント欄を紹介しよう。ここのユーザー層はビジネスマンとゲーマーで大半が占められている。

Register Hardware / comments

Matt Donovan
「レイプレイ類似ゲームの日本での違法化を要求する米国の人権団体による抗議の結果、禁止の決定がなされた」

何だって?
もし厳格なイスラム教徒が女性の脚の露出に文句を付けてきたら、俺たちは連中の圧力に屈しなければならないのか? こんなのは茶番であって気分が悪くなってくる。

ある国々では”名誉の殺害”は偉大な行為であるとされているが、俺たちもそんな習慣を取り入れなければならないのか? また他の国々では飲酒は重大な罪なんだから、俺たちもそうすべきだと?
こんなのは少しも新しいことじゃない。自分の意見が正しいと思い込んでいる阿呆なエリートどもの狭量さを示しているんだよ。

Ian Ferguson

レイプは殺人よりも悪いってことなのか?
私は強姦ゲームを容認することはできないけど、それと同時に世間が殺人ゲームを許容しているのには笑ってしまう。

Tony Smith(編集者)

Ian Fergusonへ:
私の見るところ、無抵抗の人々を追跡・襲撃・殺害する内容のゲームはほとんどない(Manhunt2は例外である)。
殺人を含むほとんどのゲームおいて、殺意を持った武装した敵にプレイヤーは直面するのである。

Anonymous Coward

この手の犯罪行為って日本では普通ではないか、あるいはかなり異常なんじゃないの?
日本の性犯罪・殺人等の発生率は(欲望が)抑圧された西側諸国より低いんじゃなかったっけ?
もし日本の犯罪率が低いとしたら(たぶんそうだと思うけど...誰か正確な数字知らない?)連中はいったいどんな理由で抗議をしているんだ?

Greg

ちょっと記事に感情的な表現があるなあ、「下劣なプレイヤー」って...あまり中立的な表現じゃないでしょ?《訳注:Register HardwareはAFPの記事を元にしてかなり加筆している》
発売禁止予定のゲームは俺の購入リストに載せた。ゲーム収集家としては当然のことだ。

Rob

Tony Smith(編集者)へ:
あなたは将来GTAのことを「社会通念を著しく逸脱した行為を奨励するゲーム」と書くのだろうか?
私は強姦を肯定などしないし、また殺人も肯定しない。どちらもゾッとするような蛮行だ。
しかし我々が今ここで話題にしているのはゲーム内の事柄であって現実世界のものではない。
両者の違いを無視せずに頭を冷やしてじっくりと考え直す時間を取ることをお勧めする。

Anonymous Coward

選択の余地はない。
もし性暴力ゲームがすべて禁止されたなら、俺は現実世界で実行してしまうだろう。
もちろんこれは一つの見方だ。別の見方をすればある文化が別の文化に自分の価値観を押し付けたってことだ。
いずれにしろ、すでに発売されたゲームのダウンロードを止める方法はない。
今回のソフ倫の措置はまったく無意味だ。勝者はどこにもいない。何も変わらない。いつもの通り!

Mike Watt
「レイプレイ類似ゲームの日本での違法化を要求する米国の人権団体による抗議の結果、禁止の決定がなされた」

アメリカは再び世界の警察官になるつもりか?
何ともおかしな話しだな。ゲームは現実には誰も傷つけやしない、なのにいったい何の権利があって米国市民が他国に変化を強要するわけ? 自分の国に影響ないだろ? 他国にモラルを押し付けるのは戦争の原因になるぞ。

Matt Donovan

日本の犯罪統計
http://www.nationmaster.com/country/ja-japan/cri-crime
日本の人口
http://www.nationmaster.com/country/ja-japan/peo-people

日本の人口=127,288,416
強姦件数=2,357

イギリスの犯罪統計
http://www.nationmaster.com/country/uk-united-kingdom/cri-crime
イギリスの人口
http://www.nationmaster.com/country/uk-united-kingdom/peo-people

イギリスの人口=60,943,912
強姦件数=13,395

What the hell happened to my pseudonym

有害な強姦ゲームが禁止される...まことにケッコウな事でございます、ってか?
編集者のTony Smith氏は人口動態学的に”健全で良識的な人々”への忠誠心を遺憾なく発露されたわけだが、使いふるした形容詞の羅列はいい加減やめた方がよろしい。
私は強姦ゲームを社会的な規制が必要なほどの大問題とはみなしていない。しかしながら、我々は今や画期的な地点に到達した―マンガ絵が児童ポルノと定義されるという。たぶん私はちょっと時代遅れになってしまったのだろう。

Filippo

「日本は西側諸国よりも暴力犯罪の発生率が大幅に低い。明らかに効果的な政策を日本はなぜ変えるのだ?」といった内容のコメントがいくつか見うけられる。面白いな。
ある種の人々は事実に基づいた立法措置よりもイデオロギーにしがみついた非現実的な行動に走りがちなものだ。本当は彼らこそ変化しなければいけないのに。まったく恥ずべきことだね。

Fuzzy Wotnot

「レイプレイの開発メーカー・イリュージョン社は問題の”歪んだ製品”は日本の関係法規に従った合法なものであるとの主張を維持している」

「私は法に従っている!」と叫ぶ多くの国会議員のように、これも合法かも知れない。しかし道徳的にも許されるべきなのか? 私には分らない。

Anonymous Coward

「レイプレイ類似ゲームの日本国内での違法化を要求してきた米国の人権団体」

ちょっと待ってくれ、その人権団体とやらと日本国内のゲーム違法化といったいどんな関係があるっていうんだ?
仮に日本の国内市場で製品の製造に問題があったとしても、それは日本自身が対処する問題だろ。
米国の人権団体は何を考えているんだ? 自分たちの意志を全く別の文化を持つ他国に厚かましく押し付ける権利があるとでも思っているのか? 彼らはまず自国の歪んだ社会の問題の解決に当たるべきだ。
アラブ諸国がアメリカにアルコールの禁止を要求してきたらどうするつもりだ?
アメリカを憎悪している過激派が世界には満ち満ちているのだから不思議ではあるまい?
自由の国.....ハハハハ! 冗談はやめてくれよ、キミ

Thomas

現代は、殺人は道徳的に正当化されている(悪魔・ナチ・エイリアン等の射殺)がレイプは絶対に正当化されない時代なのだと思う。人々はスリルを与えてくれる殺人ゲームを擁護する一方、最後の一線を越えたManhuntを販売禁止にした。
Manhuntの時は極めて不明確なぼやけた線で「正当化される殺人」と「正当化されない殺人」を区分した。
これに対して「恋愛ゲーム」と「強姦シミュレーター」を区分けする線はとても明確でハッキリしている。

Cameron Colley

他国の特定分野のビデオゲームの撤去を要求する権利をアメリカの人権団体が持っているだって?
こんなバカげたことをやっているのなら、アメリカが世界中から嫌われていても何の不思議もない。

「神は(低犯罪率の)異文化国が異様な物を見ることを禁じられた!」

清教徒的なバカども、頼むから他人に余計なお世話を焼かないでくれ。ポルノを見たりポルノゲームをした後にその影響で現実でもレイプをするなんて主張するのは我々ゲーマーすべてを侮辱するに等しい。

Mycho

これは面白いことになったな。
もし日本の犯罪率が今回の禁止に反応して上昇したら、反規制派にとって有力な支援材料になるかも知れない。

Shane

結局ゲームに過ぎないだろ? プレイの後、ゴミ箱の背後に隠れて人が通りかかったら襲撃したりするか?
もちろんありえない。ゲームはしょせんゲームで現実ではない!
今夜オレは車を乗っ取って数軒の店を襲撃するぞ.....GTAでな

Gareth

レイプレイの事はSomethingAwfulの傑作なレビュー記事で知ってるだけ。ゲーム内容もグラフィックもひどいもんだ。
アメリカの人権団体はこのゲームに注目すべきではなかった、とか、口出しする権利は否定されるべきだとか言われているね。
ビデオゲームの禁止問題が現実の生身の人々の人権蹂躙よりも優先して取り扱われるのが適切かどうかは私にはどちらとも決めかねるな。

Robert Synnott

強姦事件の統計数字は慎重に取り扱かえ。
一般的に言って日本では社会的な理由のために報告されない強姦・性暴力事件が大量に存在する。
日本での現実の強姦件数は明らかではないのだ。

Anonymous Coward

未報告の強姦件数を統計に加えろだって?
日本での強姦事件に対するあんたの態度は、サン《イギリス最大の低俗大衆紙》の読者の強姦事件に対する態度と同じだ。
強姦事件の犠牲者は罪人とみなされ極めて残酷に扱われるので、大半の強姦事件はここでも報告されないのだよ。
あなたは統計数字の読み方について驚くほど無知だな。

Graeme Carstairs

どんな変化が起こるかって?
エロゲメーカーのSyrup Softは発売を延期した自社の最新作のタイトルを『町ぐるみ輪姦~白濁まみれの少女達~』から『町ぐるみの罠~白濁にまみれた肢体』に変更した。
さらにもっと「創造的な」やり方ででレイプやレイプ画像をごまかす手法が編み出されるだろうさ。
レイプ小説やレイプ漫画はこれからもずっと存在し続けるだろう。需要がある限り。
同じことは輪姦を扱ったゲームにも言えるはずだ。
たいした変化など起こらない。

Andy Bright

レイプは殺人よりはるかに悪い。
レイプはセックスではなく拷問であることを認識すべきだ。多くの人々は拷問は殺人よりも酷い行為であることを認めている。
レイプは憎悪に満ちた残酷な犯罪であり、犠牲者の尊厳を傷つけ自らに隷属させるのが目的なのだ。レイプ犯は犠牲者の発する苦痛と屈辱に喜びを感じる。
禁止すべきゲームのジャンルとして、レイプは児童虐待や拷問とともに真っ先にあげねばならない。
殺人は非難されるべきではあるが、大半のゲームにおいて敵の殺害は対等な条件で行われ、道徳的に見て社会が許容できる範囲に収まっている。たとえば善対悪のシナリオなどである。

kain preacher

死者を復活させることはできないがレイプの被害から立ち直ることはできる。
レイプが殺人より悪いという考え方はレイプ被害者の助けにはまったくならない。それどころか実際には妨げになる。そんな考え方をレイプ被害者に植え付けたら自殺に導きかねないのである。
そう、私はレイプ被害者の実態を知っているのだ。

Coward

「レイプは殺人よりはるかに悪い」

そう自信を持って断言するからには、あなたは大勢のレイプ被害者に実際に問いただして確かめたのだろうな? 生き残るより殺されていた方が良かったと被害者たちが答えたのを聞いたのだろうな? 非常に信じがたいのだが。

David Wiernicki

Tony Smith(編集者)へ:
あなたの記事を読んで本当に背筋が寒くなった。
臆病で、ワンパターンで、イカれた思考回路で、検閲にバンザイ三唱している。
中立性? 深い思慮? 個人的自由への半無意識的配慮のしるし?
これらすべてがあなたの記事には欠けている。
たった一つの記事で私はこのサイトへの信頼をほとんど失ってしまった。

Daniel Pimley

「社会通念に著しくもとる内容のゲームを規制するため」

実にゾッする理由付けだ。
この危険な先例により不愉快な真実が覆い隠された。
次はどんな社会の基準から逸脱した集団が標的になるのか?
いったいどこまでエスカレートすれば終わるのか?


Register Hardwareはオタク系サイトではないが、日本側に同情的なコメントが圧倒的に多い。一因としてはゲーマーが多いせいであろうが、一般のビジネスマンのコメントを見ても米国の人権団体の抗議は理解できないという意見が多いのは注目すべきである。

他の非オタク系のニュースサイトのコメントを見ても今回の件に関しては日本側に対する非難は少ない。逆にイクオリティ・ナウの抗議活動に反発するコメントの方が多い。

[15] イクオリティ・ナウの戦術的勝利と日本が受けたダメージ

5月7日のイクオリティ・ナウの抗議活動の開始から6月2日のソフ倫の禁止方針決定までの日本国内の動きに関しては詳細を述べる気はない。良質の解説記事がある国内のブログは多いのでそちらを参照していただければよいと思う(コメント欄で紹介していただければありがたいです)。

1ヶ月前の記事で私はイクオリティ・ナウは「戦術的に正しいやり方」を取ったと書いた。その主な理由は3つある。

1) 戦術的正しさ・その1

女性差別問題を前面に出したこと。これにより外国の団体であるにもかかわらずCEDAW条約違反を主張して日本国内でのゲームの販売・流通の禁止を要求することが可能になった

2) 戦術的正しさ・その2

攻撃対象に日本政府を選んだこと。イリュージョンのようなちっぽけな標的はもはや二次的な意味しか持たない。日本のCEDAW条約遂行義務を問うことにより半永久的に日本政府を責任を追及することができる

3) 戦術的正しさ・その3

問題の焦点を海外から日本に移したこと。これにより日本のマスコミ・政治家の規制推進キャンペーンに大義名分を与えた。ベルファスト・テレグラフやニューヨーク市議会の段階では日本国外の問題に留まっていた

正しい戦術を採用したことによりイクオリティ・ナウは日本に三重のダメージを与えることに成功した。

1. 経済的ダメージ

レイプ物等の陵辱系ソフト全般の販売中止あるいは販売減少による経済的損害

2. 政治的ダメージ

極めてあっけなく外国の一人権団体の要求に屈したことにより明らかとなった日本国内の分裂状態

3. 検閲による表現の自由へのダメージ

実はこの問題が一番深刻である。レイプやストーカー行為といった個々の描写の禁止が問題なのではない。表現の自由の規制には必ずその背後にある「思想の自由」自体の制限につながる恐れがある。またよほど注意しないと表現規制はある分野の創作活動を大幅に萎縮させてしまう危険性がある。

だから表現規制を行う場合には慎重な議論が必要なのだが、今回そのような議論は一切行われずなし崩し的に業界による自主規制で決着してしまった。

私はソフ倫の決定をあまり責める気はない。そもそも彼らは弱い立場にありマスコミや政治家からの圧力をはねのける程の力はなかったのだろう。

一部の例外はあったものの、日本の大手メディアの大半はひたすら印象操作的な規制賛成キャンペーンに終始してまともな議論や地道な事実確認を行わなかった(むしろ避けていたと言った方が適切か?)。規制推進派の議員たちのはしゃぎぶりはいささか見苦しかったが。

マスコミの方々へ注文。表現規制に賛成するならするで結構だから、せめて説得力のある論拠を提示してほしい。外国からの圧力や批判などまったく論拠にはならない。私はこの問題に関して外国の200以上のサイトの記事や論説やコメントを読んだが、一部のマスコミが言う「外国からの批判」などという統一された意見は海外には存在しないと断言できる。

参考記事:レイプレイ騒動その1】英議会で糾弾される
参考記事:レイプレイ騒動その2】ニューヨーク市、ボイコットに動く
参考記事:レイプレイ騒動その3】フェミニスト団体、日本政府に販売禁止を要求
参考記事:レイプレイ騒動その4】余波は続く
参考記事:レイプレイ騒動その5】騒動を報じる海外サイト爆増

参考:
AFP (Agence France-Presse)
コンピュータソフトウェア倫理機構(ソフ倫)公式HP
Register Hardware

ページトップ