「 日本語の実力その2】日本語なしには成り立たない現代中国語」のコメント一覧

名無しさんさん

超亀コメだが電脳は日本でパソコンが流行るだいぶ前から使われてる

URL 編集

ジャザニさん

「疑問に思う部分があります。日露戦争以前、日本人以外は、誰も西洋人以外の人種が西洋人に勝てるとは思っていませんでした。しかし日本がロシアに勝ってしまったため、中国(このころは清)は驚き、近代化を学ぶため、日本へ人を派遣、留学させたと記憶しているのですが、どうなのでしょうか。」
ええ…英米から大量の軍艦や武器を売って貰ったものの引き分け(講和)で終わった日露戦争のずっと前の19世紀後半にズールー戦争といって槍と盾だけで武装したアフリカのズールー人が銃火器で武装した大英帝国軍を破っとるが。
あと政治用語はともかくとして、国際的な学会などで発表する科学・医学の論文はどうせ全て英語でも書かなきゃならないんだからこれ等の用語はそのまま英語で教えるべきだろ。
「日本は漢字使わなくても「にっぽん」「ニッポン」でも表せるからな。
まあだからなんだって話なんだけど。」
ええ…仮名文字は漢字から造られたって小学校で習うと思うんだが…
「日本から概念を輸入したって事は、中国にそれまでそれが存在しなかったってことだから、その当時、日本はヨーロッパに学び、中国は日本から学んでいたんだな。」
(欧米から)概念を輸入したのは日本のほうだろ。で、中国はその日本が輸入し英語から中国語というパッケージを変更したものを輸入したんだぞ。
「中国や朝鮮は日本国におびえ過ぎだ
まずその精神病を治さなければ千年たっても世界中から馬鹿にされ続けるぞ」
http://asait.world.coocan.jp/kuiper_belt/section4E/kuiper_section4E.htm
G・W・ギルモア(申福龍訳)『ソウル風物誌』集文堂,1999.(韓国語)
陶磁器を作る方法を日本に教えた人々が日本に強制で拉致されて行き、もはや朝鮮では陶器が失われた芸術となっている事実を記憶することは、朝鮮人としてはきわめて憤痛が爆発することである。(p. 166)
グリフィス (E. Griffis) 博士がその著書『隠者の国・朝鮮』で指摘したところによると、朝鮮半島に対する日本の最後の侵略は、朝鮮の産業と芸術を死滅させ、この地に日本の芸術を復活させたという。日本人たちは撤収するとき、彼らが学ぶことができるすべての技術者たちを連れて行ったため、日本では産業と芸術の生産が復興した反面、朝鮮ではそれらすべてが消え去った。(p. 164)
岡百合子『中・高校生のための朝鮮・韓国の歴史』平凡社ライブラリー
金属活字のつくりかたは、まず木枠をつくり、その中に鋳造用の砂をかため、これに木の活字をおしつけて鋳型をつくる。そこにとかした金属をそそぎ、かたまったのをひきだして形をととのえた。このような金属活字の製造は、少なくとも13世紀もは始まったようで、ヨーロッパの金属活字発明より200年も先立つものであった。金属活字の発明は、中国、日本など周辺諸国にも大きな影響を与えた。日本は室町時代、朝鮮に使いを送るたび、大蔵経や書物をねだっていたが、16世紀末の豊臣秀吉の朝鮮侵略のとき、多くの活字と本、それに印刷の技術者を略奪してつれ帰っている。悲しいことだが、それによりはじめて、日本でも多くの本を印刷することができるようになったのである。(p.116)
こんな阿片条約以降の違法状態になっても平気でアヘンを密売する強盗民族が隣に住み付いてればおびえるのは当然だろ。今はアメリカが手綱引いてくれてるおかげで大人しくしてるがいつまた邪悪な民族性を表すかわかったもんじゃないんだから。
「そして漢字といえば孔子だが、孔子は台湾で死んだから孔子の子孫は台湾人になる」
その論理でいけば火星のテラフォーミングが成功しちゃうと火星人が生まれるなw
あと孔子は儒教を作ったが漢字はそれ以前に作られてたろ。

URL 編集